ネットワーク基礎

【初心者向け】TCP/IPってなに?ざっくり解説

TCP/IP(Transmission Control Protocol/Internet Protocol)は、コンピュータネットワーキングにおいて広く使用されている通信プロトコルの組み合わせです。TCP/IPは、インターネットをはじめとするネットワーク上でデータの送受信を行うための基盤を提供します。

TCPとは

TCP(Transmission Control Protocol)は、信頼性の高いデータ通信を実現するためのプロトコルです。TCPは、データをパケットとして分割し、それぞれのパケットが正しく送信されることを確認することで、確実なデータ転送を実現します。また、データの順序を制御し、受信側で正しい順序でデータを再構築することも担当します。

TCPは、Webブラウジングやファイルのダウンロード、電子メールの送受信など、多くのインターネットアプリケーションで使用されています。

IPとは

IP(Internet Protocol)は、コンピュータネットワーク上でデータを送受信するためのプロトコルです。IPは、データグラムと呼ばれるパケット単位でデータを送信し、コンピュータネットワーク内を経由して宛先に届けます。

IPは、ネットワーク上のコンピュータの一意な識別子であるIPアドレスを使用して、データを送信元と宛先の間でルーティングします。IPは、パケットが正しく宛先に届いたかどうかを確認したり、パケットの順序を制御したりする機能を持ちません。そのため、信頼性の高いデータ転送を実現するために、上位層であるTCPが使用されます。

TCP/IPの特徴

TCP/IPの特徴は次のとおりです:

  • インターネット上の異なるネットワークやコンピュータの間でデータ通信を行うことができます。
  • オープンな仕様であり、多くのベンダーやプロトコルがTCP/IPをサポートしています。
  • 様々なプロトコルを組み合わせて使用することができます。例えば、TCPとUDP(User Datagram Protocol)など。
  • ネットワーク層であるIPの柔軟性と汎用性に加えて、トランスポート層であるTCPの信頼性と制御の機能を組み合わせることができます。

まとめ

TCP/IPは、インターネットをはじめとするネットワーク上でデータ通信を行うための重要なプロトコルです。TCPはデータの信頼性と順序の制御を担当し、IPはデータの送信とルーティングを担当します。TCP/IPの特徴は、インターネットの普及と共に広まり、現代のコンピュータネットワーキングの基盤となっています。

あけお

あなたの挑戦を応援しています!!