PHP

【PHP初学者向け】配列の要素数を取得する方法 / count関数

あけお

スクールに多額のお金を支払う前に、僕の記事で学習してね!

こんな人に読んでほしい

  1. 「count関数」について説明ができない人
  2. プログラミング学び始めたけど、基礎をしっかり学びたい人
  3. エンジニア転職をしたい人

結論

count関数ってなに?

配列の中身(要素)の数を数えてくれる関数

書き方

count(要素を数えたい配列名, モード)

「モード」の部分には「COUNT_RECURSIVE」と入力することができます。
これは省略可能です。

サンプルコード上に出てくるvar_dumpの使い方はこちらの記事を参考にしてください!

【PHP初学者向け】var_dump()ってなに? あけお スクールに多額のお金を支払う前に、僕の記事で学習してみてね!! こんな人に読んでほしい 「var_dump(...

サンプルコードで学ぼう!

サンプルコード①※モードなし

PHP
<?php
$sports = ["baseball", "soccer", "basketball"];
$count = count($sports);
var_dump($count);

このコードの実行結果はこちら

PHP
int(3)

サンプルコード②

PHP
<?php
$sports1 = ["baseball", "soccer", "basketball"];
$sports2 = ["ruby", "swimming", $sports1];
$count = count($sports2, COUNT_RECURSIVE);
var_dump($count);

このコードの実行結果はこちら

PHP
int(6)

5が出力されと思いきや、6です。
これは「$sports1」という配列自身も1カウントされているからです。

つまり、

  • ruby
  • swimming
  • $sports1
  • baseball
  • soccer
  • basketball

の合計6つということです。

まとめ

「count関数」について、ざっくりでも理解できたら幸いです。
これからも一緒に頑張りましょう!!

あけお

あなたの挑戦を応援しています!!