PHP

PHPのforeach文(ループ処理)の基礎を学ぼう!

PHPの「foreach文」についてざっくり解説します。

サンプルコード上に出てくるvar_dumpの使い方はこちらの記事を参考にしてください!

【PHP初学者向け】var_dump()ってなに? あけお スクールに多額のお金を支払う前に、僕の記事で学習してみてね!! こんな人に読んでほしい 「var_dump(...

1. 書き方

foreach (配列名 as 要素) {

   処理をここに書く

}

2. 使い方

サンプルコード①

<?php
$numbers = [1, 10, 100, 200];

foreach ($numbers as $number) {
    var_dump($number);
}
このコードの実行結果はこちら
int(1)
int(10)
int(100)
int(200)

配列に入っている要素の数だけループします!
for文のときみたいに、ループの条件は書きません!

サンプルコード②

<?php
$numbers = [1, 10, 100, 200];

foreach ($numbers as $key => $number) {
    var_dump($key);
}
このコードの実行結果はこちら
int(0)
int(1)
int(2)
int(3)

配列のキー(添字)を取り出すこともできます

サンプルコード③

<?php
$sports = ["野球", "サッカー", "バスケ", "ラグビー"];

foreach ($sports as $sport) {
    var_dump($sport);
}
このコードの実行結果はこちら
string(6) "野球"
string(12) "サッカー"
string(9) "バスケ"
string(12) "ラグビー"

もちろん文字列の配列もこんな感じでループできます

サンプルコード④

<?php
$sports = ["baseball" => "野球", "soccer" => "サッカー", "basketball" => "バスケ", "rugby" => "ラグビー"];

foreach ($sports as $key => $sport) {
    var_dump("keyは" . $key);
    var_dump("valueは" . $sport);
    
    echo "---------------------------" . "\n";
}
このコードの実行結果はこちら
string(14) "keyはbaseball"
string(14) "valueは野球"
---------------------------
string(12) "keyはsoccer"
string(20) "valueはサッカー"
---------------------------
string(16) "keyはbasketball"
string(17) "valueはバスケ"
---------------------------
string(11) "keyはrugby"
string(20) "valueはラグビー"
---------------------------