PHP

【PHP初学者向け】配列の作り方3パターンを解説【配列の初期化】

あけお

スクールに多額のお金を支払う前に、僕の記事で学習してね!

こんな人に読んでほしい

  1. 「配列の作り方」について説明ができない人
  2. プログラミング学び始めたけど、基礎をしっかり学びたい人
  3. エンジニア転職をしたい人

サンプルコード上に出てくるvar_dumpの使い方はこちらの記事を参考にしてください!

【PHP初学者向け】var_dump()ってなに? あけお スクールに多額のお金を支払う前に、僕の記事で学習してみてね!! こんな人に読んでほしい 「var_dump(...

サンプルコードで学ぼう!※古い書き方

①空の配列

PHP
<?php
$list = array();
var_dump($list);

このコードの実行結果はこちら

PHP
array(0) {
}

②要素を入れた配列

PHP
<?php
$list = array(100, 200, 300);
var_dump($list);

このコードの実行結果はこちら

PHP
array(3) {
  [0]=>
  int(100)
  [1]=>
  int(200)
  [2]=>
  int(300)
}

③連想配列

PHP
<?php
$list = array("apple" => 100, "banana" => 200, "orange" => 300);
var_dump($list);

このコードの実行結果はこちら

PHP
array(3) {
  ["apple"]=>
  int(100)
  ["banana"]=>
  int(200)
  ["orange"]=>
  int(300)
}

新しい書き方(PHP5.4以上)

①空の配列

PHP
<?php
$list = [];
var_dump($list);

このコードの実行結果はこちら

PHP
array(0) {
}

②要素を入れた配列

PHP
<?php
$list = [100, 200, 300];
var_dump($list);

このコードの実行結果はこちら

PHP
array(3) {
  [0]=>
  int(100)
  [1]=>
  int(200)
  [2]=>
  int(300)
}

③連想配列

PHP
<?php
$list = ["apple" => 100, "banana" => 200, "orange" => 300];
var_dump($list);

このコードの実行結果はこちら

PHP
array(3) {
  ["apple"]=>
  int(100)
  ["banana"]=>
  int(200)
  ["orange"]=>
  int(300)
}

まとめ

「配列の作り方」について、ざっくりでも理解できたら幸いです。
これからも一緒に頑張りましょう!!

あけお

あなたの挑戦を応援しています!!