PHP

【PHP初学者向け】 三項演算子でスマートなコードを書こう!

PHPの「三項演算子」についてざっくり解説します。

1. 三項演算子の書き方

(条件式) ? 真の場合の式 : 偽の場合の式;

あけお

これだけだと分かりづらいから、具体的なコードを使って説明するよ

2. 三項演算子は if文とほぼ同じ!

  1. if-else文で書いた場合
  2. 三項演算子で書いた場合

を見比べてみましょう!

PHP
<?php

//① if-else文で書いた場合
if (1 == 1) {
    echo "値は等しいです。";
} else {
    echo "値は等しくありません。";
}


//② 三項演算子で書いた場合
$output = (1 == 1) ? "値は等しいです。" : "値は等しくありません。";
echo $output;
このコードの実行結果はこちら
PHP
値は等しいです。
あけお

同じ意味のコードなのに、見た目のスッキリ感が違うね!

3. おまけ

先ほどのコードは$outputに文字列を代入してます。

が、そのままechoすることもできます!

PHP
<?php

echo (1 == 2) ? "値は等しいです。" : "値は等しくありません。";
このコードの実行結果はこちら
PHP
値は等しくありません。

まとめ

「三項演算子」について、ざっくりでも理解できたら幸いです。
これからも一緒に頑張りましょう!!

あけお

あなたの挑戦を応援しています!!