Git

【Git / Github】複数Githubアカウントにssh接続設定(config)をする手順

あけお

スクールに多額のお金を支払う前に、僕の記事で学習してみてね!!

こんな人に読んでほしい
  1. 複数Githubアカウントにssh接続設定をしたい人
  2. 「ssh接続設定」の書き方を知りたい人
  3. 「ssh」に関して、もっと知っておきたい人

ssh接続設定は、いつ使い分ける?

「個人での開発用」「業務での開発用」など複数Githubアカウントを使いたいとなったことは、ないでしょうか??

このような場合に、sshの接続設定を使い分けます。

複数Githubアカウントにssh接続設定をする手順

手順①:SSHキーの作成

あけお

ここで2種類の「秘密鍵、公開鍵」を作成します!

//「.ssh」ディレクトリに移動
cd ~/.ssh
//「ls」で「.ssh」ディレクトリ配下にあるファイルを確認して置くと良いです!
ls

//「.ssh」ディレクトリ配下に「id_rsa」ファイルを作成します!(秘密鍵、公開鍵)
ssh-keygen -t rsa -C main@gmail.com -f id_rsa
//「ls」で「.ssh」ディレクトリ配下「id_rsa」ファイルができているか確認しましょう!
ls

//「.ssh」ディレクトリ配下に「id_sub_rsa」ファイルを作成します!(秘密鍵、公開鍵)
ssh-keygen -t rsa -C sub@gmail.com -f id_sub_rsa
//「ls」で「.ssh」ディレクトリ配下「id_sub_rsa」ファイルができているか確認しましょう!
ls

手順②:SSHの設定(~/.ssh/config)

あけお

~/.ssh/configファイルを編集します!


#メインアカウント
Host github.com #任意のホスト名
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa #メインアカウントの鍵
  User git
  TCPKeepAlive yes
  IdentitiesOnly yes

#サブアカウント
Host github.com.sub #任意のホスト名
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/id_sub_rsa #サブアカウントの鍵
  User git
  TCPKeepAlive yes
  IdentitiesOnly yes

手順③:GitHubに公開鍵を登録

あけお

2つそれぞれの公開鍵をコピーして、Githubに登録します!

//公開鍵をコピーします!
pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub
//公開鍵をコピーします!
pbcopy < ~/.ssh/id_sub_rsa.pub

手順④:SSH接続テスト

あけお

2つそれぞれで「successfully」とでれば成功です!

ssh -T github.com
You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.

ssh -T github.com.sub
You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.

手順⑤:git cloneしてみる

あけお

2つそれぞれで「git clone」の仕方が違うので注意!

# メイン
git clone git@github.com:username/repository.git

# サブ
git clone git@github.com.sub:username/repository.git

まとめ

ssh接続設定の理解が深まっていたら幸いです。
これからも一緒に頑張りましょう!!

あけお

あなたの挑戦を応援しています!!