PHP

【超初心者向け】アプリ作成には何が必要?

あけお

スクールに多額のお金を支払う前に、僕の記事で学習してみてね!!

こんな人に読んでほしい
  1. Webエンジニア転職を考えてる人
  2. ポートフォリオ作りに苦戦してる人
  3. サクッと基礎を学びたい人

アプリ開発にはいくつかの工程があります。

こちらでは、主に最低限知っておいた方が良いアプリ開発の工程を記事にしております。

是非理解して、自分が何を学ぶべきかを明確にしておきましょう!!

アプリ開発で、必要な工程

  1. 開発環境を整える
  2. アプリ開発をする
  3. ネット上に公開する

1. 開発環境を整える

アプリを作成するには、まずPC上に開発の環境を整えます。
環境構築と言われたりします。

具体的には、PCに「プログラミング言語」「データベース」「エディター」など必要なものをインストールする作業です。

幅広くITの知識が必要になります。
平均的にエンジニア歴3年くらいの人がようやく慣れてくる作業になります。

プログラミング初心者は、はじめにトライしないことをおすすめします。
「アプリ開発」に慣れてから、挑戦することがおすすめです。
それまでは、知見のある人に教えてもらいながら環境構築ができると良いです。

2. アプリ開発をする

アプリ開発は、基本的には、「フロント」と「バック」で開発が分かれます。

フロントは、見た目を作る開発です。
デザインをもとに「フォーム」「ログイン画面」等を作成します。

バックは、機能を作る開発です。
アカウント作成、ログイン機能などの機能を作成します。

また、Gitというツールを開発では使用します。
Gitを使用すると、間違えて作ったものを消してしまうリスクを軽減できます。

3. ネット上に公開する

ネット上に公開するには、サーバーやドメインを借りる必要があります。

借りたサーバーやドメインの設定、コードが動作するように設定したりします。

こちらも幅広くITの知識が必要になります。
平均的にエンジニア歴3〜5年くらいの人がようやく慣れてくる作業になります。

プログラミング初心者は、はじめにトライしないことをおすすめします。
「アプリ開発」に慣れてから、挑戦することがおすすめです。

まとめ

ざっくりでも理解できたら幸いです。
これからも一緒に頑張りましょう!!

あけお

あなたの挑戦を応援しています!!