PHP

PHPのwhile文をわかりやすくまとめてみた continue / breakも解説

PHPの「while文」についてざっくり解説します。
詳細はPHPマニュアルを確認してください。

サンプルコード上に出てくるvar_dumpの使い方はこちらの記事を参考にしてください!

【PHP初学者向け】var_dump()ってなに? あけお スクールに多額のお金を支払う前に、僕の記事で学習してみてね!! こんな人に読んでほしい 「var_dump(...

1. 書き方

while (条件式) {

   処理をここに書く

}

2. 無限ループに注意!!

解説を進める前にまずは注意喚起です。

こんな感じで書くと「無限ループ」になります。こうなるとプログラムに負荷がかかりクラッシュしてしまいます、、、。

<?php
$number = 0;
while ($number < 10) {
    
    var_dump("こんにちは!");
    
}

「無限ループ」とは
条件式がずっとtrueになり、永遠に処理を実行し続けることです

3. 使い方

サンプルコード

<?php
$number = 0;
while ($number < 3) {
    
    var_dump("こんにちは!");
    
    $number = $number + 1;
    //省略形で書くと $number++; となります。
    
}
このコードの実行結果はこちら
string(18) "こんにちは!"
string(18) "こんにちは!"
string(18) "こんにちは!"

$number = $number + 1;

があるから無限ループにならないよ。
条件式が成り立たなくなる時がきたらループが終わります。
※条件式がfalseになったら終わりです。

4. continue(ループのスキップ)

サンプルコード

<?php
$number = 0;
while ($number < 3) {
    
    if ($number == 1) {
        
        //この処理がないと無限ループになってしまいます
        $number = $number + 1;
        
        continue;
        
    }
    
    var_dump($number . "周目のこんにちは!");
    
    //省略形で書くと $number++; となります。
    $number = $number + 1;
    
}
このコードの実行結果はこちら
string(28) "0周目のこんにちは!"
string(28) "2周目のこんにちは!"

無限ループにならないように注意しましょう!!!

5. break(ループの中断)

サンプルコード

<?php
$number = 0;
while ($number < 3) {
    
    if ($number == 1) {
        
        break;
        
    }
    
    var_dump($number . "周目のこんにちは!");
    
    //省略形で書くと $number++; となります。
    $number = $number + 1;
    
}
このコードの実行結果はこちら
string(28) "0周目のこんにちは!"